工具屋さんで探すボードゲームコンポーネント

近所に工具屋さんがあります。

初めてこの工具屋さんに入りました。

ウィンドウショッピングをしたところ、ボードゲームに流用出来そうなアイテムがそこそこありました。

「ふわふわのクリスマス」の疑似ロンデルについて

先日、「ふわふわのクリスマス」というゲームの箱が届きました。カードや駒などの内容物は全てそろった状態で、残すところ箱のみでした。やっとこさ箱が届いて、完成品が作れる!

早速いくつか作りまして、そのうちひとつをATTICに持ち込んで案内書用の写真を撮りました。写真はこちらです(インスタグラムにUPしたから正方形)。

写真を見ていただくとわかるんですが、カードが円環状に置かれています。円環状のゲームシステムといえば、代表的なのはロンデルです。前々からロンデルシステムのゲームを作りたいと思っていて、ふわふわのクリスマスで実現させました..!

でも、本格的なロンデルではないんですよね。ふわふわのクリスマスのロンデルは、「疑似ロンデル」や「簡易ロンデル」と表現すれば良いのでしょうか、例えば「ナビゲーター」のように、うんうん悩ましいロンデルではない。とても軽快なロンデルになりました。

ゲームメカニクス大全」でロンデルを調べると、「本メカニクスでは、トレードオフと計画、そして効率が重視される。(引用)」とあるのですが、ふわふわのクリスマスでは、それら重視されるものがゲームデザインの結果としてバッサリ断たれています。また、「このメカニクスにはいくつかの変種が存在する。(引用)」とも書かれており、ふわふわのクリスマスのロンデルは、めちゃくちゃ変種、というより、ロンデル的に「異端」と言って良いかもしれません。

通常、多くのボードゲーマーがイメージするロンデルは、自分専用の駒を円環に進めていくものかと思うのですが、ふわふわのクリスマスでは、駒は1個しかありません。その1個の駒は、全プレイヤー共通の駒なのです。そらぁ、計画なんて立てようがありませんw(1人プレイの時は除く)

ふわふわのクリスマスのシステムをざっくり言いますと、「簡易的なロンデルでセットコレクションして、最後にダイスロールする」とても軽いゲームです。ゲームは軽いんですが、幾人かのボードゲーマーにテストプレイしてもらって、いただく感想は「おもろい」。

最後に付け足しておきますと、プレイ人数は1~4人なんですけれども、基本的には2~4人向きです。1人プレイは、ちょっと別ゲーです。コロナ禍なので必要だろうということで、1人プレイにも対応させました。1人プレイは、NPCに勝つこと前提で「どこまで自分のランクを伸ばせるか」という作りになっています。

「皇帝の黒い噂」をリリースします。

11月中旬に、「皇帝の黒い噂」というゲームをリリースします。ちょうどゲームマーケット2020秋とタイミングが重なりますね。

皇帝の黒い噂は「ぱーぷりるぷりー」というゲームをベースにしていまして、これは、数年前にリリースしたゲームなんですけれど、突貫的に世に送り出した感が否めず、今回、皇帝の黒い噂として、このぱーぷりるぷりーをもう少し見直し、根幹部分はある程度残してルールを改変し、世に送り出し直します。

いちばん変わったポイントは、「ちゃんとテーマが乗った」ですね。ぱーぷりるぷりーは甘くて美味しいものを集めるだけだったんですが、皇帝の黒い噂は「地中海帝国の諸侯になって産物を何かする」という様変わりです。

システム部分においては、ぱーぷりるぷりーが状況によっては1回のある出来事でゲームが終わってしまうことがあるのに対し(この点はぱーぷりるぷりーの最大の特徴で賛否あります)、皇帝の黒い噂ではワンクッション置いて、1回目は「産物が呪われる」という状態になり、2回目起これば「皇帝が暗殺されてゲームが終了」となっています。もちろん、最後のラウンドまで行って平和に終わっても良いんですよ?

そして、コンポーネントなんですが、カードだけではなくなりました。今、勢いに乗っている「うちばこや」さんでオリジナル駒を作りまして、タイブレークマーカーとしてコンポーネントに含みました。このタイブレークマーカーは、ゲームの状況によってプレイヤー間を移動していきます。

イラストは、「ササリヒノエ」さんにお願いしました。ササリさんのイラストは基本的にアナログの水彩イラストで、皇帝の黒い噂でも、アナログ感溢れるイラストを描いていただいています。

リリースは11月中旬なんですけれども、アナログゲーム通販の「コノス」さんで、先行販売が、この投稿を書いている時点で、すでに開始されています。皇帝の黒い噂のコノスさんのページはこちら

プレイ人数は6~8人と多めです。さくっと短時間で出来る会話で進行するゲームですので、例えば、今流行りのマーダーミステリーの前後に、箸休め的にプレイされると良いのではないでしょうか?