白浜記2020

先週、18切符の消化にかこつけて、和歌山県白浜町に行ってきました。18切符の残りは1人日。行きは18切符を使って鈍行で向かい、帰りは特急くろしおでも良いし、高速バスでも良いし、という感じです。

京都から白浜まではそこそこ距離があるのですが、調べたところ、列車の乗り換え回数はそんなに多くありません。和歌山までは列車の本数も多く、あまり「旅感」は感じられません。

旅感が感じられたのは和歌山からでした。乗り換えの合間の時間で和歌山駅の改札を出て、駅舎内の売店で発見したご当地飲料がこれ、「飲むみかん」。和歌山と言えば、梅とか柿とか蜜柑ですよね!

和歌山駅までは以前に来た事ことがあるのですが、和歌山駅から先には踏み込んだことはこれまでありません。「旅感」は、未知の場所を進むことによって高まります。和歌山から御坊、そして紀伊田辺までは、街中を走っていても違和感ないタイプの列車でした。一気に旅感が高まったのは、紀伊田辺で待っていた、このブルーの列車!

列車内には「つなみのときは」という、パンダの注意躍起がありました。南海トラフが揺れようものなら、とてもアウトな場所であるなと思われました。

白浜には昼過ぎに到着しました。さすが観光地なだけあって、白浜駅の駅員さんは皆、アロハシャツで業務されてるんですね! 路線バスを待っている間、駅の売店で「とまと梅」なるものを見つけ、興味をそそられ、ひとつ購入して食べました。めちゃうまで、口の中でとろけてゆきました。

白浜といえば、やはり「白良浜」です! ネットから得た知識によると、オーストラリアから輸入した砂で白良浜が作られているとか。白良浜は元々あるものではなく、観光の為でしょうか、人工的につくられた砂浜なのです。たどり着いた白良浜は、「リア充の巣窟」でした。

白良浜を後にして、和歌山ラーメンを食べてから、向かったのは、ボードゲームショップの「キノスの樹」。今回の旅は、18切符の消化以外に、このボドゲショップに商品を納品するという目的もありました。

キノスの樹には、圧倒的な量の漫画があります。ボドゲショップなんですけれど、ボードゲームよりも漫画の方が多い! 店主の方がこつこつ集められた私物とのことで、保存状態がとても良く、店内で読む用なんですけれど、商品と間違われることがよくあるようです。

キノスの樹を後にして、あらかじめ予約しておいた宿にチェックインしに行きました。宿は「新錦ホテル」。GOTOトラベルキャンペーンで安く泊まれるのはありがたいです。

宿で知ったのですが、コロナ禍ということで、白浜の多くの温泉施設は和歌山県内の人のみの利用に限っているようです。利用の制限が無いのは、「とれとれの湯」など一部の温泉のみということ。宿の近くに数か所、無料の足湯があり、それらの足湯は制限されていないとか。ということで、足湯にひたりに行きました。

夕食は、スーパーで購入した半額のお寿司。半額で購入できたのは良かったものの、しょうゆが付いていません。ネタにワサビを乗せて、ワサビだけで食べました。寿司って、しょうゆが無くても、ワサビだけでもけっこう美味しいんですね。

新錦ホテルは素泊まりで予約したのですが、チェックインの際、追加の料金で朝食を用意してもらえると聞いたので、翌日の朝食はホテルの朝食にしました。

天候があまり良くなかったので、行動的に「屋内だな」ということで、ホテルをチェックアウトしたあと、「とれとれの湯」に向かいました。そして、ひとっぷろ。

とれとれの湯の近くには「とれとれ市場」があり、市場以外にも「とれとれ○○」がいくつかあり、この一帯はとれとれ王国なのか というくらいにとれとれだらけです。「とれとれ市場」が中心コンテンツなのかな? 平日昼間ではありましたが、とれとれ市場は、とても賑わっていました。

とれとれ市場で昼食としました。

帰路は「特急くろしお」に乗りました。特急くろしおには「そのうち乗ってみたい」と以前から思っており、念願叶いました。特急くろしおの車両にはいくつかの種類があり、いちばん乗ってみたかった車両がホームに滑り込んで来きたのは幸運でした。

今年の夏の18切符はこの旅で使い切りましたが、行ってみたい場所はまだまだあります。またとないGOTOトラベルキャンペーンを利用して、他に何処に行こうかな と思いを巡らせています。

このところのアドプリさんの傾向メモ

【傾向1】印刷サイズが指定に比べてやや異なったものが納品されることがある

一般紙質名刺変形サイズ86×52mmで印刷した場合、86×52mmとはやや異なったサイズのものが納品されることがある。

複数種印刷した場合、86×52mmと、86×52mmとはやや異なるものが混在することがある。

他のサイズに関するこのところの傾向は、知らない。

【傾向2】納品枚数が以前より少ない

以前のアドプリさんは、例えば、500枚の名刺を印刷すると、550枚くらい納品されていた。

このところは、例えば、500枚に対しては、500枚程度か、それより気持ち少なめ。

あなたの状況を打開する為に類推で書きつづる。

●雇われの仕事はどこまでも脇役で、自分の物にならない

給与などで雇われて就く仕事の場合、その仕事の主は雇用主ではないでしょうか。自分の仕事ではない他人の仕事を、給与などと引き換えに手伝っている状態です。その仕事をすることで給与などを得られますけれども、雇われ続ける以上、行った仕事の成果は自分の物であるとは言えません。

雇われの仕事に取り組む事によって、ある程度のスキルや経験やコネクションなどが備わることがあります(備わらないこともあります)。それらの備わったものは、自分が目標とすることの為などに役立てていくのが、大局的に観て、世の中の道理に沿うと言えるのではないでしょうか。また、自分の目標などが世の中にプラスの作用をもたらすのであれば、その作用は巡り巡って、とても間接的にではあるかもしれませんが、雇用主にも至るのではないでしょうか。

●自分に作用する課題でないのであれば、本気になる必然性はない

自分のエネルギーを自分自身の仕事などに注ぎ込む行為は、自分の人生に対して、注ぎ込んだエネルギーが直接的に作用します。また、互恵的関係にある周囲と波長を合わせて何かに取り組むことは、自分にも周囲にも、取り組んだなりの作用をもたらします。避けたいのは、自分自身に作用しないエネルギーの注ぎ方です。例えば「世の中の為に○○に打ち込む」というのは、本来は「自分自身も含めた”世の中”」です。人生の局面で、自己犠牲が課題となって現れた場合、(大局的に観て)自分自身や自分の目標に対して如何ほどのプラスにもならないのであれば、その課題に本気で取り組むのは必然ではありません。

●自分の人生の主人公は、自分自身しかいない

自分の人生を歩めるのは自分自身しかいません。そして、他人の人生を歩むことは出来ません。例えば、「月給200万円と引き換えに雇われ他人の課題に就く」ことと、「自分の意思で歩み進む自分の課題に取り組む」ことを比べた場合、命限る時間において、どちらが自分の人生にとって有意義であると言えるでしょうか。

●逆境には突破口がある

人生の局面によっては、八方が全てふさがったかのように感じられる逆境にも出会うことでしょう。しかしあなたは、自分の人生を歩み進めるために、今を乗り越えなければいけません。あの手この手を尽くしてどうしようもなくなった場合、例えば、打開する方法のひとつとして、「人生の根源に立ち返って異なる観点から現状を捉え直してみる」のは、お勧めです。

●突破口の事例:蜂須賀の場合

ここで私の事例を紹介します。何年か前にこのブログに投稿しています。こちらをクリック

●自分の人生は自分で切り開く

人生の悩みを自分以外に相談してアドバイスを受け、そのアドバイスが上手くいかなかったとしても、アドバイスをした人を恨んではいけません。自分の人生は、自分の意思で切り開いていくことしかできません。アドバイスを取り入れて上手くいかなかったとしても、取り入れる選択をしたのは自分自身なのです。

●多くの場合、前進するときは周囲を繋げて拡大していく

人生の目標などに向かって突き進む際は、多くの場合において、周囲の人や事がつながってゆくものです。状況によっては、周囲を分断することによって突き進めるかのように思われることがあるかもしれませんが、それは、大局的観点においては、マイナスの作用を世の中や自分の人生に及ぼしている場合が多いかもしれません。道理に沿って物事が動くとき、その物事がプラスの作用をもたらすのであれば、何かしらのつながりや好ましい連鎖が起こります。